渡邊直子です。職業柄、高齢の方と接する機会が多いので、そこで感じた事を書きます。

高齢になるとどうしても身体的に動作がゆっくりになります。

「動くのが遅くなってね。」と言い訳されます。

 高齢者の方々に接していると、物の扱いが丁寧と感じます。

 物を丁寧に扱うのは、物が作られてご自分の物になるまでの過程へ思いを巡らせたり、使っている時の思い出が詰まっているからでしょうか。

物を丁寧に扱う事は、
ご自身を大切にしている事にも感じられるのです。

日々、仕事に家事に追われていると効率ばかり考えて、
丁寧さを忘れてしまいそうになります。

あなたがしている事は何のためですか?

言い訳していませんか?

本当に自分を大切にしていますか?

思い出してください。

本当にやりたい事やっていいですよ。