苫米地式コーチング認定コーチ渡邊直子です。

先日、美術教室の人物画モデルとして

貴重な体験をさせていただきました。

依頼を受けてから、

外見を整えていくのはもちろんのこと

内面の調整をひたすらやってきました。

 

当日、講師の先生に促されて台の上に立ち

ポーズをとる時にやったのは 

 【身体を割る】ということ。

  横向きに立ち、上半身を前に向けるポーズは

身体を捻っているように見えるかもしれません。

しかし

捻ったり、うねらせたりすると

身体に無理がかかります。

私は脊椎~頚椎をひとつずつ意識して

さらに肋骨も広げて、、、

少しずつ顔を前に向けました。

重心は一点にしません。‍

重心がどこにあるかわからないくらい

軽やかに立ちます。

ハイヒールを履いていてもグラグラしないのは

下半身を安定させることをしたからです。

手に意識を向け、ある形にしました。

これで下半身が安定します。

ポーズをとっているので

手が動いているのはわからないようにしました。

 

休憩時間も取っていただき

休んでは立ち姿でポーズをとりました。

あっという間の2時間で全然✨疲れませんでした。

お役に立てて嬉しいです✨

 

美術教室の皆さまが

楽しそうに描いていらっしゃるのを感じて

『素敵な作品になる❣️』と思いました

講師の先生、受講生の皆さま

ありがとうございました。

当日は、ヘアスタイルも素敵にしてもらって

赤いドレスを着て行きました。

******************

よみうりカルチャー川越コーチング講座では

認知科学に基づいた最新のコーチング理論と

私の体験談などを話しています。

興味のある方はこちらから✨

よみうりカルチャー川越でコーチング講座を開催しています。

私とお話ししたい方、

コーチングについて知りたい方

講師依頼などはこちらから

お問い合わせください。